ご覧の皆様こんにちは、水の救急隊のあんちゃんです。
もうそろそろゴールデンウィークですね。
皆様のご予定いかがでしょうか。
楽しみですね。(^_^)ニコニコ
お出かけの前に水廻りの心配事はありませんか。
もし、御座いましたら解決してからではいかがでしょうか。

たとえば、緊急の水道修理をしていると以下のような事例が結構あります。
お客様から、水が急に出なくなったとの連絡がありました。
お伺いし調べたところ、屋外土中の給水管から大量に漏水しているのが見つかりました。
パイプ同士を繋ぐ金属のソケットが経年劣化により腐食して、形が分からないほど崩れてしまっています。
この様な状態になるのに約20年経っていました。
この他にも土中には分岐継手が何箇所もあり、今は漏水していませんがいつ同じ様なことが起こるか分かりません。
お客様のご要望もあり、応急処置後に配管を引き替えることになりました。
CIMG7675

お客様から今後この様にならないためにはどうしたら良いかとの心配もあり、土中に配管をせずに床下に配管をすることにしました。
下の写真が床下配管の状況です。青い(水なら青・湯ならピンク)保温材に架橋ポリエチレン管を通した給水管です。
柔軟性もありパイプも腐食しにくい材質で、耐久性が高いパイプです。
今、新築・改修工事で良く使われているパイプです。
CIMG7493

下の写真は屋外給湯器(エコキュート)の給水配管です。邪魔にならないように壁沿いに配管しました。
保温材の中には屋外で凍結の心配があるので、凍結防止ヒーターが巻いてあります。
自己制御ヒーターですのでスイッチの入切は必要ありません。
CIMG7499

水栓・給湯器などは故障するとすぐに修理・交換などの対応が可能ですが、給水・給湯管はパイプを通している場所によっては対応に時間がかかる場合があります。
給水・給湯関連は、何かあってからでは生活に大きく支障をきたすことになります。
事前の点検等も必要です。
この機会に一度点検されてみてはいかがでしょうか。

給水管の水漏れ・漏水についてはコチラ

出張費・目視での見積もりのみの場合、料金は無料です。
事前見積もり後に作業させて頂きますので、安心して御依頼して頂けます。
年中無休で対応してますので、御依頼お待ちしております。



作業員さんも随時募集しております。


作業の御依頼・質問等もお受け致しますので、水の救急隊までご連絡お願い致します。


水の救急隊
フリーダイヤル:0120-50-8000