みなさんこんにちは。
水の救急隊の山Pです

本日はトイレの改修工事で、どうせやるなら壁までやっちゃいましょう!
というお客様のご要望につき、綺麗に仕上がったという内容でした。


和式のトイレでしたが、普段からトイレを使うのに膝や腰が痛くて使いづらいと仰っていたようです。
何か良い方法は?と尋ねられたところ、腰かけ便器に変えてみてはどうかということになり、
工事になったそうです。

まずはこちら。
IMG_0090


潔癖症な方はこういった和式便器を好まれるそうですが、
やはり毎日の事ですから、いずれは膝にも負担がかかりますよね。


便器の解体から始めます。
ご覧のように中身の下地は木材なので、いくら防水をしていても限界はありますよね。

IMG_0093


床が一段上がったこの場合では、床をフラットにする必要があります。
ただ、床の土間を壊すと壁面が空洞になってしまう為、壁の補修が必要でした。

昔の和式の壁「聚楽」と呼ばれる仕様ですので、
部分的な応急は返っておかしな仕上がりになってしまいます。

そこで壁面を仕上げよう!!という事になりました。

今回は化粧合板で和風っぽく仕上げました。
それがこちら。
IMG_0092


すごくきれいに仕上がってますね~

取り付けて仕上げた便器はこんな感じになってます。
IMG_0091


トイレのリフォームについてはコチラ


如何だったでしょうか。

安心の事前見積もり。出張費、目視の見積もり料は一切頂いておりません! 
当社オペレーターがしっかりとご対応させていただきます!


作業員さんも随時募集しております。

作業やその他ご質問、ご依頼等は水の救急隊までご連絡お願い致します。



水の救急隊
フリーダイヤル:0120-50-8000