みなさまこんにちは!
水の救急隊の山Pです

台風一過と言いますが、みなさまはご無事だったでしょうか。
嘘のように良い天気になりましたね。

私は子供の頃、「台風一家」だと勘違いしており、
文字通り台風のような激しい家族のことを指すのだと思ってました(・・;)


今更とはいえお恥ずかしい(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


認めたくないですね。自分自身の若さ故の過ちというものを(某)


さて、今回もトイレの給水管補修
まずはこちらをどうぞ。
K0120088


「アングル止水栓」と呼ばれるところが完全に折れていますねΣ( ̄ロ ̄|||)
バルブごと折れているのですからその場で止水は不可能です。
直後は水が出っぱなしで大変なことになっていたと思われます。

上のナット部分にもご自分でテープを巻いて応急処置をした形跡があるので、
ずいぶん前から前兆はあったのではないでしょうか(´・ω・`)



少々の衝撃では折れたりすることはないのですが、
老朽化が進むと何もしていないのに触れただけで折れてしまいます。
今回はお客様がトイレのお掃除中に折れてしまったとのこと

作業員が到着する頃には、お客様が水道メーターで止水し、拭き掃除までしておられました
足元がタイル面だったことが幸いでしたね。
おかげでスムーズに作業の準備に取り掛かることが出来ました!ご協力感謝ですっ

取り外した状態がこちら
K0120089

新しいバルブを取り付ける前に、バルブソケットを入念に錆取り、防錆処理をします。


そして作業終了!

K0120090


アングル止水栓を取り付け、フレキ管を加工し完了です!(☆゚∀゚)




如何だったでしょうか。

安心の事前見積もり。出張費、目視の見積もり料は一切頂いておりません! 
当社オペレーターがしっかりとご対応させていただきます!



作業に関してご質問、ご依頼は水の救急隊までご連絡お願い致します。



水の救急隊
フリーダイヤル:0120-50-8000