みなさまこんにちは!
水の救急隊の山Pです


さて、今回は壁付き蛇口の応急修理です
まずはこちらを。

K0120071


15年以上前に取り付けられたそうで、既に廃盤となっている商品です。
ただ、蛇口はまだまだ使えそうだったので、交換するまでに至りませんでした
今回は壁に付いている足の部分(偏心管といいます)と蛇口本体のナットからの水漏れでした。

K0120068

パッキンが見事に裂けてますね!これでは水漏れして当然だと思います。゜゜(´□`。)°゜。

ナットやネジというものは、「右回しで締め、左回しが緩む」という事が基本です。
ですが、偏心管側にナットが付いているので
「蛇口の後ろ側から締め付ける」というニュアンスでイメージしてください。
つまり、ナットを緩める際は正面から見て右回しに回すと外れるので、逆回しになるという事です。
外すために左へ回そうとすると、どんどん締め付けられてしまうので、
傷や故障の原因になってしまいますのでご注意を(((( ;゚д゚)))

さて、パッキンを入れ替えました
K0120069

そして元に戻します。

K0120070


これでバッチリですね
ただ本体の老朽化が進んでいるので、他の箇所で不具合が出るかもしれません。
修理場所によっては本体交換になる可能性もありますので、ちょっと心配です

如何だったでしょうか。

安心の事前見積もり。出張費、目視の見積もり料は一切頂いておりません! 
当社オペレーターがしっかりとご対応させていただきます!



作業に関してご質問、ご依頼は水の救急隊までご連絡お願い致します。



水の救急隊
フリーダイヤル:0120-50-8000