みなさんこんにちは!
水の救急隊山Pです


少し更新が遅れてしまいましたが…
今回は屋外の給湯器配管から、床下配管への漏水でした。
「数日前から、床下でポタポタと聞こえる音が酷かった」
そう回答があったので、床下に潜り調べてみました



!!!

1426749754244


おお…これはひどい…
基礎が水浸しになっており、水道メーターも回りっぱなしの状態ですΣ( ̄ロ ̄|||)

ただ、1つ思うところは、「幸いにも土台まで濡れてはいない」というところでしょうか。

土間もコンクリートではなく土なので、染み込んで乾いていくと思われます。
そこだけでも救いだったのではないでしょうか!(`・ω・´)

一部修繕でとりあえず応急処置はしましたが、腐食がかなり進んでおりました
「応急修理したとして今後また同じ事が起こると怖いので、新しい配管にしっかりと交換していただきたい」
というお話がありましたので、給湯管の新設工事となりました。


作業前がこちら

150319_144721




大通りに面しているお宅で、大きな車などもよく通るだけでなく、
近くで大型マンションの建設などで振動が大きかった様です。

築年数も数十年経過しており、いろいろな要因が重なって起こった事でした

運の悪い事に雨が続き作業は難航。日数はその為に長引いてしまいましたが、
無事に完工し、良い仕上がりで終了しました



作業後がこちらです
150311_093804


真ん中にある少し汚れた配管はガス管なので、当然作業はしておりません。


一概には言えませんが、給水・給湯、どちらの水漏れなのか分からない時の判別方法です。
給湯器が備え付けられているお宅には簡単な方法です。

仕上がり写真の中央やや右あたりをご覧になってみてください。
ガス管の右側、給湯器本体から壁に向かって伸びている管に黒いハンドルが見えているかと思います。
いわゆる「バルブのレバー」ですね。

これは給水管から給湯器への水の引き込み管となっており、
各ご家庭でバルブの形状や色が違う場合がありますが、給湯器のすぐ近くに必ず付いております。

このバルブを閉めた際に、
水道メーターの動きが止まれば給湯管の漏れ、まだ動いていれば給水管の漏れ
という簡単な確認方法がございます。

少しマメ知識でした


如何だったでしょうか。
「少しくらいの水漏れなら我慢しようかな」ではなく、気になればお問い合わせだけでも結構です。

当社オペレーターがしっかりとご対応させていただきます!


作業に関してご質問、ご依頼は水の救急隊までご連絡お願い致します。





水の救急隊
フリーダイヤル:0120-50-8000