みなさんこんにちは!
水の救急隊山Pです

今回は給水管を新しく新設した内容です。
作業前の写真がこちら。

バルブの根元付近をご覧ください。やや茶色い筋というか、黒ずんでいる箇所があります。

そう。いわゆる「錆」ですね(((( ;゚д゚)))
縦管の後ろ、壁に這わせているのは新しい方の配管部材です。

1425173518886



老朽化に伴う原因と思われますが、いろんな箇所から水が噴き出しており、新しく新設しよう!
という流れからの工事でした

漏水は立地条件や地域性にも左右されますが、凍結で破裂する場合もあれば、
大きな道路に面していて振動や揺れにより傷みが早くなる場合もあります
どれくらいの期間で水漏れするのか、故障が起きるのか?
こればかりは住んでみないと分からない部分もございますので、なんとも言えませんが・・・

本来であれば建物の骨組みの状態で配管を仕込んでいくのですが、
仕上がってしまった建物では壁を剥がしたりしなければならなくなるので、
既にお住まいのお宅では壁に埋め込むという事が困難になります
同時に既存の配管も取り出す事が難しいので、そのまま残して「新しいルートに引き直し」
というやり方が一番リーズナブルで工事も早く終わります。


それがこの写真。
1425173208783


こちらは外部側の給水管の様子です。
順調に工事が進み、外部の給水管を吹き曝しにする訳にはいかないので、保温材を巻きつけていきます。


室内ではやはり目につく部分ですので化粧カバーなどで仕上げていきます。
それがこちら。
1425173465595


如何でしょうか。

「水道料金が上がった!?」 「水を使っていないのに水の音が聞こえる」
なんていう事があればすぐにご連絡を
迅速に対応させていただきます

水の救急隊 by 株式会社クリアライフ
0120-50-8000