ご覧の皆様、今日は。
水の救急隊のあんちゃんです。



今回は、皆様の家でよく起こる排水の詰まりです。
便器の詰まりと思ったら、実は別の原因でトイレの流れが悪くなっていたことが判明した事例を紹介します。

下の写真は、屋外の排水用マンホールの蓋を開けた写真です。
白い固形物は、キッチンから流れた油が蓄積して出来たものです。10~15年ぐらいでこのような状態になりました。

1a9bad16


マンホールとマンホールとを結ぶ配管内部です。
見えない部分では、かなりの汚れが溜まっていることが分かると思います。
この状態では、排水の流れも悪く、いつ何が起こるか分かりません。

7da8a6f6


解決するには、配管内部を高圧洗浄することが効果的です。
この作業を行うのであれば、一部分だけではなく排水系統全体の洗浄を行うようにします。
一部分の作業では、洗浄されていない箇所でまた不具合が起こります。

img07


見違えるように配管内部がきれいになりました。
この状態なら、心配しなくても良いでしょう。

普段なかなか確認しない場所というのは、気がついた時には大変なことになる場合があります。
一度御自宅のマンホールを覗いてみては如何でしょうか。

下水・排水のつまりについてはコチラ


出張費・目視での見積もりのみの場合、料金は無料です。
事前見積もり後に作業させて頂きますので、安心して御依頼して頂けます。
年中無休で対応してますので、御依頼お待ちしております。



作業員さんも随時募集しております。


作業の御依頼・質問等もお受け致しますので、水の救急隊までご連絡お願い致します。


水の救急隊
フリーダイヤル:0120-50-8000