皆様こんにちわ。水の救急隊のあんちゃんです。

季節の変わり目で風邪をひいたり、体調を壊している方

も増えてきました。

寝冷えなどしないように気を付けましょう。



今回は、これから冬に向けて気を付かなければならないことです。

皆様の御自宅で給水管・給湯管が壁際に露出されているお宅の場合、

急激な気温の低下があった時に凍結してしまう恐れがあります。

もし20年以上経っているようですと、パイプの経年劣化により

破裂の危険性もあります。




yjimageMHW69IZO




給湯管破裂




写真のようなことが起きてしまうと、修理費用もかさんでしまいます。

生活にも支障をきたします。

対策としては、保温カバーの厚みを増やしたり凍結防止ヒーターを施工する方法が

あります。

配管を修理するよりも費用は安く行えると思います。

早めの処置をされたてはいかがでしょうか。




出張費・目視での見積もりのみの場合、料金は無料です。
事前見積もり後に作業させて頂きますので、安心して御依頼して頂けます。
年中無休で対応してますので、御依頼お待ちしております。


作業員さんも随時募集しております。



作業の御依頼・質問等もお受け致しますので、水の救急隊までご連絡をお待ちしております。


水の救急隊
フリーダイヤル:0120-50-8000