みなさまこんにちは。水の救急隊の山Pです!


以前紹介した蛇口とは違ったタイプの、台所の蛇口交換です。
今回は「壁付きタイプ」のもので、前回のタイプは「台付き」とよばれ、種類が異なります。

まずは作業前の写真をパチリ
これは十数年前の製品で、レバーの上下が今のタイプと逆になっております。
つまり、下げると水が出る商品で、お出かけ時に地震等で上から物が落ちてきてレバーに当たってしまうと
水が出っ放しという状況になってしまいます。

阪神大震災で特に多く見られましたが、今現在は改良され「レバーを上げて水が出るタイプ」になりました。

DSC_1162



さて、工具を使ってご自分でなされる方も多いのではないかと存じますが、
気をつけなければならない部分、「壁付きタイプ」と呼ばれるものですが、
この商品は壁の中で水道管に直結しています。

蛇口の根元部分を外す際、一気に力を入れてしまいますとどうなるのか・・・


ポキッ・・・

壁の中で直結している部分が折れてしまう事があります!Σ(´д`;)


そうなると壁を一部剥がして作業することになり、思わぬ出費が嵩むことがあります。
「業者を呼ぶとどうしても予算が・・」というお気持ちもわかりますが、万が一のことも考えて、
私たち水道業者にご依頼されるのが、一番の近道だと思います(`・ω・´)


2枚目の写真は、壁の中の給水管が若干奥にあるため、
継ぎ足し用のソケット「ザルボ」と呼ばれる製品で、給水管と壁面の前面を合わせております。



DSC_1175




次は仕上がり写真

DSC_1177


無事に作業終了しました

上記に記載させていただいた上下の吐水を改善するため、現在はどの蛇口メーカーさんも
レバーを上に上げると水が出る仕様になっています。


いかがだったでしょうか。
作業のご依頼、お問い合わせは「水の救急隊」までご一報よろしくお願い致します。


出張費・目視での見積もりのみの場合、料金は無料です。

事前見積もり後に作業させて頂きますので、安心して御依頼して頂けます。
年中無休で対応してますので、御依頼お待ちしております。



水の救急隊by株式会社クリアライフ
水の救急隊ホームページ
フリーダイヤル:0120-50-8000